ガヂヲが文

思考日記のようなものです。

不審者ガヂヲと永遠のバナナ

警察による職質で、怪しいと思った理由が「目をそらしたから」と言われた友人がいる。
すげぇ理由だと思うんだけど、逆に「目を合わせたから怪しい」と言われる人もいるみたいでよく分からないくらい警察はすごい。
警察は誰でも不審者扱いする存在なんだっていう事んなんだけど、どうやら警察だけじゃない。
 
 
 
 
最近の一般人からの不審者通報がウケる。
 
・11日(水)、午後3時50分ころ、北区神谷2丁目の公園内で、児童が遊んでいたところ、男に声をかけられました。
声かけ等の内容「さようなら」不審者の特徴:40歳代、160cm 位、やせ型、短髪茶色、茶色っぽいジャンパー、黒色っぽいズボン、マスク、徒歩
 
・2月27日(木)午後3時30分頃、加古川市尾上町旭付近の路上で、女子児童に対する声かけ事案が発生しました。
女子児童が下校途中に「この辺はコンビニはどこにある?」と声をかけられたもので、女子児童が近所の商業施設について教示したところ「何年生?しっかりしているね。」と言っていずれかへ立ち去ったものです。
不審者は、大学生風で、中肉、黒髪短髪、オレンジ色トレーナーを着用した、灰色か銀色の自転車に乗った男です。
 
・「生徒が下校途中に声をかけられた。」声かけの内容「おー」
 
・女子中学生が自転車で帰宅中。自転車の男がついて来た。男は女子中学生を追い抜き立ち去った。
 
・10月1日午後9時30分ころ、堺市西区原田付近において、不審者が徘徊するという事案が発生しました。不審者は、一見して25歳位のサラリーマン風の男1名で、白っぽいシャツ、スラックスを着用し、黒色のビジネスバッグを所持していました。
 
 
 
確かに、我が子が誘拐されるかもと思うと、いろんな事に疑心暗鬼になってしまうかもしれない。
とはいえ、度が過ぎているのも問題だと思う。
こういう情報に対して「挨拶禁止の国かよ」とか「捕まりたくなければ、大人は子供に近づくな」とかいろいろ当たり前の意見が多い。
 
・女装が趣味の男性が街を歩いていた時、警察が巡回している事に気付いて、あわてて近くに干してあった洗濯物の作業着を着て女装を誤魔化そうとしたところ見つかって捕まってしまった。
女装じゃなくて窃盗罪。
かわいそうすぎる。確かに盗むのは悪いことだけど、世の中の風潮が悪すぎる事の方が問題は大きいとしか思えない。
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
子供の頃から同じ年齢の人に囲まれて、同じ服を着て、空気読んで、みんなが言ってることは正しい、同調圧力に耐えて、出る杭にはならない習慣の影響も大きい気がする。
不審者であること自体はまだ犯罪者じゃない。不審に思われる事は悪いことじゃない。
 
犯罪は悪いこと。だけど、見た目で犯罪者、犯罪者予備軍を判断するのは大人でもとても難しい。
かなり前の事件かもだけど、地下鉄サリン事件などのオウム真理教関係の犯罪者は普通にいい人そうな人が多いと思った人は少なくないはず。
 
幼稚園や保育園の撮影に行かせてもらう事があるけれど、先生がカメラマンを子供達にちゃんと紹介する場合と、先生がちゃんと紹介せずに無愛想な場合では子供達のカメラマンに対する食いつきが違うように感じる。
先生が紹介したら急に懐いてくる子もいた。
 
不審がってるばかりじゃ繋がれない。
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
年齢で分断することは、同じ世代という理由の仲間意識を高めることになると思う。
でも、大人を過剰に不審がったり、大人が不審者に思われないために子供に近づかなかったりするのは、それはそれでリスクがあると思う。
飛躍しすぎに思われるかもしれないけれど、子供が大人から学ぶ機会が減るし、大人が子供を大事に思えば環境問題に対する意識も変わるだろうし、日本の低レベルな食育環境も少し改善するだろうし、戦争は若者だけ戦地に行けばいいと思う感覚も変わると思うし、ブラック労働環境の問題も変わると思う。
 
地球温暖化の影響で、熱中症で死んでしまう人が増えている。夏に長袖長ズボンのスーツを着た人が「節電をお願いします」って言うとなぜか立派に見えなくもない。
とある人が、夏の暑さに耐えかねて、カバンに入れてた折り畳み傘を日傘として使ったら、すごく楽になったと言っていた。
自分はこないだ、人生初のロリータファッションをして、その時にスカートを履いたんだけど、スースー具合が前代未聞で夏に最高じゃないかと思った。
暑さの限界がきている時代。男がスカートはいたり、日傘さしやすく、不審に思われないジェンダーレスが実現すれば、死ぬ人は少し減る。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
自分の話。
 
自分は自転車で4分ぐらいのところにバイクの駐輪場がある。
行きは晴れだったけど、帰りに雨が降った場合、カッパ+フルフェイスのヘルメットで駐輪場にバイクを止める→傘がないからそのままの格好で自転車に乗って帰るしかない。
これはかなり怪しい格好。他にいい方法あるかもだけど、現段階で考えられる1番合理的なやり方だと思うのでそうしてしまっている。
 
・女性にはイマイチ伝わりにくい話みたいなんだけど、男性というだけで職質されやすい。身体検査的な事で危険なものを持ってないか体を触られる事があって、対女性だとやはりめんどくさい事になりやすいからという説が有力。
やつらは潔癖症かどうか、確認せずに強引に触ってくる。
自分は変なところが潔癖症で、嫌いな人に触れられることや、嫌いな人が触ったものに触れるのが嫌いだ。
ある冬、警察に手袋を触られて超不快だった。
(なんで警察をそんなに嫌がるんだと疑問に思う人は「警察 まとめ」で検索すればなんとなく気持ちが分かるようになると思います)
職質終わってしばらくした後、やっぱり気持ち悪いと思って、道端で触られた手袋の片方を捨てた。流れを知らない人からしたら、突然手袋捨てる不審者に見えたかもしれない。
その行為で警察呼ばれる最悪の事態にならなくて良かった。
 
・行きつけのレストランで、店主から「近所にクレーマーがいるから自転車やバイクを置く場所に注意した方がいい」とアドバイスいただいて、ある日、いかにもクレーマーっていう怪しい人がいて、「こいつと目を合わせるのもヤバい」と思い、目線外して物陰に隠れたら、俺の行動が不審だということで、警察が呼ばれ、交番まで行く事になった。
 
不覚にも自他共に不審者として認められてしまった。
 
不審者って思われて気持ちがいいものではないけれど、自分の心を殺しまくるのは精神衛生的に悪すぎる。
自分は路上飲み会、ひとり旅、野宿とかやってきたし、街中ゲリラカラオケ、道ゆく人にレプリカの寿司がのってるちゃぶ台をひっくり返してもらう「怒りのちゃぶ台返し」など解放的な遊びができるのも、変に思われても構わないからとか、同じような価値観の友達がいるから。
そんな普通じゃない事をやりまくってる不審者ガヂヲですが、お仕事先とかに合わせてそこそこ普通の人らしく振舞うことができる訳で、犯罪者予備軍かどうかを簡単に判断するのはなかなか難しい。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
先日お会いした方が話した「人間て弱いの、本当に弱い。めちゃくちゃ弱い。オリンピック選手とか大変な訓練を耐えて心が強そうに見えるけど、ふとしたタイミングでドーピングとかしちゃうの。オリンピック選手ですらこんなに弱いんだから、普通の人なんてめちゃくちゃ弱い。強そうに見えたとしても、調子がいいのがたまたま続いているだけなの」
って言っててめちゃくちゃ心に残った。
その数日後、友達から「私は心が弱いから、旦那に言いたいことが言えない」って相談された時に、その話をして「確かに、言えない事は苦しいけど、心が弱いって自分をせめるのは無駄なストレスだ」って話をして納得してくれた。
 
同じように、以前自分が影響を受けた言葉で「100%人見知りしない人なんていない」って言葉があって、自分に対して、人見知りの人っていうラベリングする事は悪影響でしかない。
人見知り具合は性格や相手の印象や関係性や気分とかで大きく変わる。
 
そう考えたら、少しも変わってない人なんていない。野生動物と比べればアスファルトで地球をかなり覆って、靴履いて、服を着て、蛇口ひねれば水出るし、動物殺さずに肉を食う毎日を送っている人間の存在なんてそもそもが変すぎる。
だから、思考エラーなんていくらでもあっておかしくない。
みんな狂ってるし、無理に普通を演じてる歪みが徐々に現れて、意外と多くの人が病んでる所がある。
 
もともとが狂っているんだから、普通の人っていうのは幻想に近い。
多くの人が普通を演じてる。必要以上に演技をしていると、歪みが少しずつ生まれて、知らず知らずのうちに肉体的にも、精神的にも筋肉が硬くなって、いつのまにか血流も悪くなって、思考も硬くなりやすい。
そうすると当たり前の事でも変な事に思えてしまってくる。
電車の中でスマホ見て、思わず笑っちゃって、「変な人に思われた」とかツイートする人散見するけど、スマホ見てて、面白い事に対して、我慢できずに笑ってしまう事は正常な反応だ。
きっとそういうエラーはこれからもっと増えていくと思う。だから、今のうちに自分の変かもしれない部分を自分で認めていく習慣はあった方がいい。
 
 
 
ある日、手ぶらで美容室に行こうとしたところ、オシャレカラフルポップな台湾人の女の子、キャンフィーっていう友達とばったり会った。
軽く雑談した後、美容室行こうとしたら、「ちょっと待ってー」って言われ「何かな?」って思ったら「あげるー!!!」と一本のバナナをプレゼントしてくれた。
昼食のお弁当の余りだろうか。
自分は昼飯をもう食っていたので、その場で食べずに、バナナ片手に美容室へ行くことになった。
不審者と思われそうだからと言う理由で捨てる訳がない。もちろん、家で食べた。
入店した時の美容師さんの「ふへ???????」って顔と、そのバナナを永遠に忘れない。